買い手側から見たサイトM&Aの流れと手続きの詳細

購入希望サイトをどのように発見するか

サイトM&Aを希望するなら、まずは購入対象になりそうなサイトを見つけるところから始めなければいけません。ここで難しいのは、売却を検討してもよい(あるいは積極的に売却の意思がある)サイトを見つけることです。ある程度のアクセス数を期待できるサイトの場合、まだまだ運営を続けたいと考えている管理者は少なくありません。効率的にサイトを見つけるには、仲介企業に協力を求めるのもひとつの方法です。仲介企業が運営するサービスにはサイトを売買したい人が集まるので、希望に合ったサイトが見つかりやすいかもしれません。仲介企業の利用と並行して、購入候補になりそうなサイトの管理人に(仲介業者とは関係なく)直接問い合わせをするのもよいでしょう。仲介サービスの存在を知らない売却希望者もいるからです。

代金の交渉と支払いについて

購入の候補となるサイトが見つかったら、代金の交渉になります。サイトM&Aに必要な代金は相場の感覚が難しく、売る側と買う側が納得できるかどうかがすべてです。仲介業者のサービスを利用した場合、仲介業者が交渉のサポートをしてくれることもあるので、結論が出やすいかもしれません。当事者のみで交渉を行う場合、他の購入希望者が先に交渉をまとめてしまう可能性もあるので注意しましょう。交渉がまとまったら、すみやかに代金を支払います。仲介サービスを利用した場合は仲介料の負担があるのが通例です。あらかじめ仲介料の割合を確認しておくとよいでしょう。当事者のみで売買が成立したときは、契約書で入金の期日などを定めておくとトラブルを避けられます。

© Copyright Bigger M&A Company. All Rights Reserved.