買い手側から見たサイトM&A

サイトM&Aには、必ずサイトの買い手と売り手が存在します。両者が直接取引をする場合もあれば、サイトM&Aを手がける仲介業者が存在する場合もあります。サイトM&Aの経験がない場合は、プロである仲介業者に任せた方が安心です。ところで、サイトM&Aを利用してサイトを購入すると、買い手にとってどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?そこを詳しく見ていきたいと思います。

買い手にとってのサイトM&Aのメリットとは

企業間M&Aのメリットとしてよくいわれるのが、トライ&エラーを繰り返しながら少しずつ成長していく、という期間を丸ごとカットできるという事です。サイトM&Aの世界でも同じ事が言え、1つのサイトを作り…

» Learn more

買い手にとってのサイトM&Aのデメリットとは

1からサイトを作成する場合、自分・自社の好きなようにサイトを作り込んでいく事が可能です。一方、M&Aでサイトを購入した場合、更新が面倒な望まないコンテンツがあったとしても既存ユーザーのため、大変で…

» Learn more

買い手側から見たサイトM&Aの流れと手続きの詳細

サイトM&Aを希望するなら、まずは購入対象になりそうなサイトを見つけるところから始めなければいけません。ここで難しいのは、売却を検討してもよい(あるいは積極的に売却の意思がある)サイトを見つけるこ…

» Learn more

サイトM&Aは自身ビジネスとの親和性や補完関係に注目

hcvcppxvmesyh.info

xtfwtxtlbvhff.info

ghikfxduqdbtp.info

売り手側から見たサイトM&A

売り手にとってのサイトM&Aのメリットとは

売り手から見たサイトM&Aのメリットは沢山ありますが、一番大きいのは莫大なお金を得られる可能性があるという事です。自営業者や中小企業経営者には信じられない世界といわれますが、大企業というものは毎年…

» Learn more

売り手にとってのサイトM&Aのデメリットとは

公務員である人は別として、会社組織で働いている人は、倒産などによってある時期から突然収入を失う可能性を秘めています。また、個人事業主として働いている人も、病気やケガなどでまったく働けなくなってしま…

» Learn more

売り手側から見たサイトM&Aの流れと手続きや賢いサイトM&Aの使い方

売り手側の手続きや流れについて

サイトM&Aの流れと手続きについて売り手側から見てみましょう。最初に仲介会社のアドバイザーや買い手との個別相談が行われます。交渉を上手く進めるためには、提案資料の作成やネームクリアの確認も大事なポイントです。売却価格の交渉はもちろん、その後の見通しも立てておく必要があります。経営者同士で面談を行い、買い手から意向表明書を提示してもらいましょう。双方の合意形成ができたら基本合意書を締結し、買い手側による調査が実施されます。買い手側の確認が終わり次第、最終譲渡契約書の作成に移りましょう。弁護士など専門家によるチェックを終え、契約書を締結すれば手続きは終了です。意向表明書と基本合意書は実施されないケースもあります。

サイトM&Aの賢い使い方とは

売り手側から見たサイトM&Aの賢い使い方を考えてみましょう。売値の相場は月収益の2年分となっているため、サイトを売る立場として正確なデータを公表することが大事です。自分の収益だけでなく、買い手が運用しやすいような仕組みを整えておきましょう。サイトの認知度が高い場合は、5~10年計算で売値を出してみるのも良いかもしれません。買い手がすぐに見つからなくても、売値を調整することで交渉のチャンスも見つかりやすくなります。何かの分野に特化したサイトを販売する場合は、運営スタッフの異動を検討しておくことも大切です。ノウハウの引き継ぎがスムーズに行えるのはもちろん、サイトの将来性も大きくアピールできるでしょう。

© Copyright Bigger M&A Company. All Rights Reserved.